« 積読、濫読、また一読?! | トップページ | 「好き!」こそものの上手なれ? »

どっちにする?考え中!

「何でもよく知っておられますね」


昨日の外来でそう言われて、はっとした。



「話した内容は本当に正しかったのだろうか」


「選んだ言葉は間違ってなかっただろうか」


時に、そんな不安がよぎることがある。



知れば知るほど、自信につながることもあるが、


知れば知るほど、考えれば考えるほど、


「客観的にはどうなんだろう…」とも思う。


だからこそ、自分が「知る」ということの


確信を求めて、「もっと知りたい!」となる。



そんな「メタ認知」とも言うべきものが


あるからこそ、「人が人であること」


と考えられる所以かもしれない!


って思っていたら…



意思決定をする際に、その決定の正しさについて、


脳は「信頼度の見積もり」を計算している。


そんな「メタ認知」を必要とする能力が、


ラットの脳にもあるという報告が、


9月11日号の『ネイチャー』に掲載されていた。



米国コールドスプリングハーバー研究所の


Kepecsらのグループによる報告で、


2つの匂いを混ぜて、どちらが強いかを


正しく判定し報酬を得るように


訓練されたラットに対して、


脳、特に意思決定の報酬予測に関連する部分


(OFC:眼窩前頭皮質)の活動を見たもの。



匂いの混合比を100:0、68:32、56:44


と変えることで、決定の難度を調節すると、


判定が易しい時より、難しい時の方が、


脳の活動が増していたという結果。



「人が考えた上で、意思決定すること」


とは大きく違う!と言えばそれまでだが、


「メタ認知」が必要と考えられる、


「意思決定の信頼の見積もり」を


ラットの脳も計算しながら行動していた!



人ならなおさら!


人が人であるために、


その自信を深めるためにも、


人は知り、考え、そして行動する!


さらに、もっと知りたい!と思う。



ところで、この論文を紹介する


ハイライトの日本語訳が面白い!


ハイライトの英語タイトルは、


"Confidence trick"で、


直訳すると、「自信のたくらみ」


(場合によっては、「詐欺」)


とでもなるタイトルが、


ラットだけに「自信のほどを算定チュー」


訳者に座布団1枚?! 



人が「知りたい!」と思うことにも、


ユーモアが大切ですよね! (^-^)


|

« 積読、濫読、また一読?! | トップページ | 「好き!」こそものの上手なれ? »

コメント

      清と濁・ 理性と本能 ・ 

 知に限り無く  世に留め無し

 自己の完成  自己認知  勿論清濁
 
。怪我なく 愉しく生きられれば   本望

。友人は変わり 自分も変わった   本当

。生きる様をみる何度もみる。確める 本心

          自己査定のみ    本然

   人      無  謀反  知る 彼岸

   @ 50半ば楽勝を得たつもり ・・地元楽々

投稿: 一光 | 2008年9月23日 (火) 08時01分

一光さん、いつもありがとうございます。

とても深いです。
「理性」と「感性」について考え、
「清濁併せ呑む」こと。
自らが「人」であるために、
知り、考え、問い続けるのだと思います。

いつもいつも素晴らしいコメントありがとうございます!

投稿: ひさ | 2008年9月23日 (火) 08時16分

ひささん、こんにちは!

ラットの実験を読んで思い出したのが「アルジャーノンに花束を」。
読んだ直後は、もう本の中に吸い込まれてしまい、
しばらく「自分が同じ立場だったらどういう選択をしただろう」
と考えてしまいました。

「人は知り、考え、そして行動する!さらに、もっと知りたい!
と思う。」これは、人として生まれた醍醐味かもしれませんね。

でも、考えすぎず・・・ときには感覚で「エイヤッ!!」
と決めるのも、いいのかもしれないなぁ、とも思うのです☆
思考と感覚のバランスがとれたときは、
たとえ選択が間違ったとしても悔いは残らないかなぁ~☆☆
などと考えます。
なんだか硬くなりました・・・
訳者さんのように、柔らかい発想、ステキですね♪

投稿: min | 2008年9月23日 (火) 13時09分

minさん、いつもありがとうございます。

そうです!そうなのです!
大切なことを書き忘れていました!
(感性ではなく、理性で書きつづってしまいましたね…)

「考えすぎず…ときには感覚で「エイヤッ!!」
と決めるのも、いいのかもしれない」
まさに、そうなのです!
「石橋を叩いて叩いて、割れちゃった…」
では、本末転倒ですから…

「思考と感覚のバランス」をとることが、
大切なことなのです。

さすがです! 足りない部分を補っていただき、
本当にありがとうございました!

投稿: ひさ | 2008年9月23日 (火) 19時27分

おばあちゃん扱いイヤですし    ..... 
 
少し こころの具合も悪く   .....

後はお若い方同士  語らわれませ。

記憶の中の大切  これからも大切に

ひささん お幾つか存じ上げませんが

しっかりとした愛を受け 三つ子の魂

失われる訳も無く これからも

厳しい医療の現場で爽やかに、ご活躍を ・・・∞

変な問いに いつも誠実にしなやかで優しい御答え                本当にありがとうございました。
 
:最近出会った 主治医との問答もカナリですので
    腕を磨いて また いつか何処かで ・・

:失礼の数々 たくさん許して頂いて 本当に
 ありがとうゴザイマシタ。

    受けて 襟を正す ひさ流

    学ばせて頂きました・。     では .....
        
      アトムの子 

投稿: 一光 | 2008年9月23日 (火) 20時48分

一光さん、コメントありがとうございます。

「う〜ん…」

いつも素晴らしいコメントを頂き、
とてもうれしく思っています。
でも、自分の返信で、
一光さんの心を煩わせたのであれば、
とても残念でなりません…。

一光さんのお言葉はとても深いですが、
応援のお言葉を頂いていると受け止めています。
言葉の表し方は本当に難しいもの。
そうしたことも、あらためて教えていただいて
とても感謝しています。

投稿: ひさ | 2008年9月23日 (火) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どっちにする?考え中!:

« 積読、濫読、また一読?! | トップページ | 「好き!」こそものの上手なれ? »