« 愚かであれ! | トップページ | 「酒は百薬の長」にあらず? »

素直にいこう!

「落語を面白くしようとするには、


面白くしようとしないことだ。」



昨日(10月14日)放送の番組は、


『プロフェッショナル 仕事の流儀』始まって以来、


100人目のプロフェッショナルである


落語家 柳家小三治さんの登場。


落語好きな方なら、まさしく画面に向かって、


「待ってました!」とかけ声を掛けるに違いない。



冒頭の言葉は、柳家小三治さんの師匠である


柳家小さんさんに、「お前の噺は面白くない」と


言われて悩む日々の中で出会った言葉。


古今亭志ん生さんが話した言葉であるという。



「深い!!」


昨日の『プロフェッショナル 仕事の流儀』を


今朝早く録画で観て、ガツン!と心に響いた…


自分の心の中で気にかかっていたことが、


その言葉を聞いてすこし楽になった。



「自分っていったい何だろう…」


決して否定的な意味でなく、


肯定的な意味で考える。


昨日は、朝早く先日投稿した論文の


審査結果が届き、すぐさまレスポンス。


そういう研究者らしいこと?をしながら、


午後からは講義をして、教育者になる。


そして、臨床に従事して、今週末には、


市民向けパネルディスカッションの


パネラーになる。


だから、「自分っていったい何だろう…」



その中で、人を相手に話す時、


「面白くしたい!」とつい思ってしまう。


特に、今週末は「面白く!」と


ついつい考えてしまっていた…。


「こういう風に話せば、わかりやすく、


面白くなるだろう…」と考えるまでは良かったが、


「面白く!」にこだわりすぎていたきらいがあった。



そんな中、冒頭の言葉に出会う。


そうか!面白くしようとしないことだ!


「面白く、わかりやすく話したい!」


という素直な気持ちでのぞめばイイんだ!


そう思った途端、とても気持ちが楽になった。



市民向けの講演は、数多くないにしても、


それなりに経験がある。


そういう場に慣れるにしたがって、


「より上手に話そう!」としてしまう。


そう思う自分と、大変失礼ながら、


芸の道を究めようとする


柳家小三治さんとを重ね合わせて観ていた。



「こうしたい!」という強い意思は、


人を強くさせる。


師匠に「面白くない」と言われた


柳家小三治さんも「やりたい!」と


思って入った道だからと、


決してあきらめなかった。


「わかりやすく話したい!」


「面白く話したい!」


という素直な気持ちでいこう!


話していて楽しい自分が話せば、


きっと聴いてくれる人も楽しくなるはず…



番組の中盤、茂木健一郎さんの


「人にはなぜ笑いが必要ですか?」の問いに、


「思わず笑ってしまうんじゃないの?!」


と答える柳家小三治さん。


その答えが、自分の背中を押してくれた。


やっぱり、素直な気持ちでいこう! (^-^)


|

« 愚かであれ! | トップページ | 「酒は百薬の長」にあらず? »

コメント

ひささん、こんばんは☆
「面白くしようとするには、面白くしようとしないことだ。」
・・・・・とても深いですね~☆

今日のブログを読んで、何故か「北風と太陽」を思い出しました。
ムリに旅人のコートを脱がせようと吹きつける北風と
暖かい日差しで照らす太陽の、あのお話。
自分以外の人に対して、気持ちを押し付けてはいけないのかな、
そうすると人は構えてしまうのかな、と思いました。
ひささんが書かれているように「OOOしたい!」
という素直な気持ちで伝えれば、
人も自然に楽しく、メッセージを受け取るのかな・・・
などと、考えていました☆
素直であること、って、実はとても大切なことかもしれませんね。
講演、がんばってくださいね~(*゚▽゚)ノ

投稿: min | 2008年10月15日 (水) 18時12分

minさん、いつもコメントありがとうございます!

「北風と太陽」
なるほど!そうですよね!
頂いたコメントにまさしく共感です!!
「無理矢理押し付けるのではなく、
自然にそう思う気持ちにさせる。」
そんな「太陽」のようにできればイイですね!

minさんは、まゆらさんのブログで、
「うまく言葉で表現できなくて」
とコメントしておられましたが、
そんなことないですよぉ!
今回の「北風と太陽」の喩えといい、
とても上手く表現しておられます。

まゆらさんの文章を、
「心理的にわかりやすくひもといて表現される」とし、
自分の文章を、「科学的に筋道立てて表現される」
とコメントされるminさん。
minさんの文章は、
「とても文学的で、感性をゆさぶるような表現」
だと思います。 (^-^)

いつもいつも素晴らしいコメント、
そして、温かい励ましに感謝です!!

投稿: ひさ | 2008年10月15日 (水) 21時08分

はじめまして。みかりと申します。
茂木先生のブログのトラバから参りました。

私は少しだけミュージカルをやっていたんですが、
その時に元劇団四季の青山明先生が「一番お客さんに響くのは、狙って面白くしようとしたことよりも、リアリティなんだよね」とおっしゃってました。
「今ここ」にお客さんとの間に生まれているライブ感・・・
一番共感されるのは、「今ここにある、ありのまま」だと思いました。
それがひささんのおっしゃる「素直さ」ということでしょうね。

私個人的には、「面白くしゃべろう」として話している人より、話している本人が楽しそうである人の方がずっと魅力的だと思っています(^-^)
週末のパネルディスカッション、ぜひ楽しんでください♪

投稿: みかり | 2008年10月16日 (木) 00時28分

みかりさん、はじめまして!
そして、コメントありがとうございます!

「さすが!」と感じるコメント。
舞台に立って人をよろこばせることをされた
みかりさんだからこそ、ライブで
楽しんでいる自分をみせることの
大切さを知っておられるのですね

「面白くしゃべろうとして話している人より、
話している本人が楽しそうである人の方が
ずっと魅力的」
自分も「まさしくその通り!!」だと思います。
そう思うと、だんだん楽しみになってきました!!
頂いたコメントで、ますます気持ちが
楽になりました。(^-^)

とても素敵なコメントをいただき、
本当にありがとうございました!!

投稿: ひさ | 2008年10月16日 (木) 06時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 素直にいこう!:

« 愚かであれ! | トップページ | 「酒は百薬の長」にあらず? »