« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

今年も1年ありがとう!

大みそかの今日。

しかもあと残す

ところ数時間。

w(゚o゚)w


このブログに触れて

頂いたみなさま。

今年も本当に

ありがとうございました!

m(_ _)m


今年の後半、

体調を崩したり、

いろいろあった1年ですが、

1年を終えるにあたって、

よい1年であったと

思っています。


ブログに触れて頂いた

みなさまにとっても、

変化に富んだ1年を

お過ごしになった方も

おられることでしょう。

それは素敵な1年だった

のではないでしょうか!

(゚▽゚*)


さて、この1年も

自分に(あまり?)

言い訳せずに過ごす

ことができました。

(* ̄ー ̄*)


最近の研究で、

脳は言い訳するシステムを

しっかり?備えている

ことが明らかになりました。


それは、

自分が手に入れられ

なかったものに対して、

「実は好きではなかった」

と「言い訳」するシステムです。


よくありますよね、

手に入らなかった時、

「別に欲しくなかったし…」

っていうあれ。

(≧∇≦)


そういう「言い訳」が

とっさに出てくるシステムに、

脳で意志決定に関与する

「線状体」の活発な活動が

深く関わっていたのです。


だから、

手に入らなかった時、

「あぁ残念…」という

思いをつのらせるよりも早く、

「別に…」という意志が

すでに自分にあって、

その意志通りにコトが

運んだのだという

「言い訳」の感情を

並べ立てるという

ようになるのですね。


1年の終わりに、

何が言いたかったのか?

それは、「人間は潜在的に

言い訳するもの」

だということ。


それを意識して、

なるべく言い訳しない

ように努めるのも人間。


どんな1年を過ごすのかも、

人それぞれの思いと行動に

よって決められます。


素敵な時間を過ごそう!

と想って、そう行動すれば

その想いはきっとかなう!!

o(*^▽^*)o


そう信じて、

来るべき2011年

(平成23年)を

素敵な1年にしましょう!

(*゚▽゚)ノ


あらためまして、

このブログに触れて頂いた

みなさまにお礼申し上げます

とともに、来年も素晴らしい

1年でありますことを

心よりお祈りいたします。


みなさま、よいお年を!!

(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

棚上げと棚卸し

早いもので、

今日から12月。

今年もアト1ヵ月

となりました。

w(゚o゚)w


1日1日の積み重ねが

1週間となり、

1週間が4回重なって

1ヵ月となり、

1ヵ月が12回重なって

1年となる。


そんな当たり前の

繰り返しが時を経る

ということになる。


やっぱり、

1日1日の積み重ね。

その1日を作り上げる

のも、「今、ここ」が

あるから。


あらためて、

「今、ここ」を

大事に過ごすことが

大切なんだと思う。

o(*^▽^*)o


そういえば…

先日の出張の時、

新幹線の車内誌

『WEDGE』12月号の

「知的探求者たち」に

哲学者 野矢茂樹の

言葉が掲載されていた。


そこにはこうあった。

「プロの哲学者は、

でかい問題を抱え込んで

身動きがとれなくなる状態

には自分を置きません。


手が届きそうなところに

小さい問題を立てて、

そこから考えていく。


頭がまわるように

問題を立てるのが

哲学の技術です。


そうすれば、

『あ、そうか!』

の瞬間はきっと

やってくる。」

(@野矢茂樹)


あまりにも手の届き

そうにもないような

問題を抱え込まない。

手の届きそうな問題に

向き合って、受け入れ、

そして対応する。


それは、

できそうにないこと

には手を出さないと

いうことではないと思う。


とりあえず、

手の届きそうな問題

から取りかかる。

難しい問題は当面

棚上げにして。

(そうすれば、

手の届きにくいところに

問題を上げておくことに

なるし…)


そして、

手の届きそうな問題に

道筋がついたら、

棚卸しして、

次の問題に取りかかる。


どんな小さな問題でも、

解けた瞬間、

やり遂げた瞬間は

気分のイイもの。

(゚▽゚*)


棚上げと棚卸し。

まるでルーチンワーク

のように対処するうち、

問題の次数が上がっていき、

問題解決能力もまた

向上していくはず。


棚上げと棚卸し。

アト1ヵ月を残した

この1年を締め括る

過ごし方かもしれない。

(* ̄ー ̄*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »